Menu

キャベツについて

Home

キャベツの栽培品種

藍天

定植後60〜65日で収穫できる早生〜中生品種です。
石灰欠乏症などの生理障害や暑さに強く、高温期に栽培しやすいのが特徴です。
肉質はしっかりしながら、歯切れはよく触感はなめらかでゴワゴワ感が少なめ。
収穫時期は、高冷地および冷涼地は8月から9月下旬で、一般地および暖地は9月下旬から11月上旬になります。

青琳

定植後約70日で収穫できる早生品種です。
外葉はコンパクト、玉ぞろいが抜群で一斉収穫に適しています。
球内部は隙間なく詰まるので、重量感があります。
収穫時期は、冷涼地は8月中旬から9月下旬、一般地及び暖地は10月下旬から12月になります。

恋風

種後約100日で収穫できる中早生種です。
外葉はコンパクトに揃い、球のしまりが良く一斉収穫に向きます。
耐暑性、耐病性にすぐれています。

冬藍

定植後約80〜90日で収穫できる晩生品種です。
ゴマ症などの生理障害に強く、低温期に栽培しやすいです。
肉質はしっかりしながら、歯切れはよく触感はなめらかでゴワゴワ感が少ないのが特徴。
低音下でもぐんぐん成長し、球ぞろいが良く一斉栽培に適します。

夢舞台I

低温期の肥大性に優れていて、幅広い時期に収穫できます。
やわらかく甘みが強いのが特徴。低温期の収穫に適しており、収穫時期は1〜3月です。

万代

外葉はある小振りだが十分な大きさになり、球ぞろいもよくなります。
球のしまりはよく、肉質はしっかりしています。1〜2月に収穫できる中生種。

冬武者

外葉はやや大きく寒さに強い中生種。
葉質は柔らかく甘みがあり、品質良好です。

冬景色

厳寒期の肥大性が良好で、収穫は冬から早春に適している中晩生種。
芯の伸び、側枝の発生が遅いため、収穫期の幅が広いのも特徴です。収穫時期は3〜4月です。

春空

成長が早く、収穫時期は5月。
外葉がコンパクトで、球の太り、球ぞろいは良いのが特徴です。
葉質はやわらかくてツヤがあり、品質良好です。

キャベツ品種別収穫カレンダー